クリスタル 高温熱処理用超高真空ベル型炉

クリスタルは、高温用の真空熱処理炉です。炉内には金属製断熱材を装備し、ヒーターの素材にはモリブデンまたはタングステンが選択できます。清潔な高温熱処理を行うのに理想的な手段です。また、台上に直接部品を置く仕様で、正確な位置決めができる設計になっています。特許取得のヒーターデザインにより、プロセス制御が非常に正確になりました。

クリスタルシリーズの特長は、広い温度幅で真空熱処理ができることです。ヒーターの素材によっては、2300℃までの高温熱処理が可能です。

そのうえ、クリスタル炉は用途も多様で、高温下での清潔な熱処理が可能になりました。ワークは炉床上に設置するので装入しやすく、ワークを正確な位置に配置することができます。理想的な条件下でチャージの熱処理が行えます。

  • 焼戻し
  • 磁気焼鈍
  • 光輝焼鈍
  • ガス冷却制御
  • ガス抜き
  • 焼結
  • 金属とガラスの接合
  • セラミックと金属のろう付け
  • 真空ろう付け
    • ステンレス
    • アルミ合金
    • 超合金
    • チタン合金
    • 耐火金属

Cristal 40-60

400 x 600 (Vertical Ø x 高さ mm)

Heating up to 2300°C

More sizes available : お問い合わせください

高真空

乾燥水素または湿潤水素

ガスパネル(窒素、アルゴン、水素など)

分圧の調整

高温 (2300℃以上、グラファイト製ヒーター使用)

当社の真空炉シリーズ